足の臭い 角質

足の臭いに泣いた中学生の夏

私はずっと足の臭いに悩まされながら人生を送ってきました。

 

初めて自分の足の臭いが強く他人から嘲笑されているということを自覚したのは中学生の時になります。当時の季節は夏で私たち中学生は夏休みで毎日のように友人の家に複数で集まりながら当時大流行していたゲームなどを楽しんでいました。

 

また、その時の私は自身の足の臭いというものを認識してはいましたが特に対策などはせず夏休みに友人の家に行くときも裸足にサンダルという格好で遊びに行っていたのでした。

 

ある日、いつものように友人の家で遊んでいたのですが我が家の用事があったので私だけ先に帰ったことがありました。しかし、家への帰り道で忘れ物をしたことを思い出したので友人の家に忘れ物をとりに帰ることにしました。

 

しばらくして友人の家にたどり着きいつものようにさっきまで皆で遊んでいた部屋を開けようとした私は、ドアの前で友人たちが話していた会話が耳に入ってしまいました。

 

「あいつはいいやつなんだけどいつも足臭くない?」「あの酷さなら自覚あるだろうしケアとかしろよ、裸足とか俺らを殺すつもりかよ」「このままじゃ俺の家があいつの足の臭いで包まれる」

 

部屋に入れなかった私は自宅に帰ることにしましたが帰る途中涙が止まりませんでした。

 

 

気になる足の臭いを防ぐには

足の臭い、気になりますよね。
女性はパンストやタイツをはき、パンプスやブーツを履いていたら、どうしても足が蒸れて、におってしまうものです。靴を脱いだ時にもわーっとする臭いは、絶対に他人には嗅がれたくないものです。

 

特に気になるのが、人と一緒にいて、靴を脱ぐ機会があるとき。他人のお宅を訪問して靴を脱ぐときや、お座敷のお店で思いがけず靴を脱がなければならないこともありますよね。そんな時、足が臭い!なんて思われるようなことがあったら最悪です。そんなことのないように、普段から足の臭いを防ぎましょう。

 

足の臭いを防ぐには、まずは普段から足をきれいにしておくことです。お風呂に入った時、ただ石鹸でささっと洗うのではなく、しっかりと角質を落とすように洗いましょう。特に、足の指の間は念入りに洗うことが大切です。

 

足専用のスクラブや洗浄石鹸もありますので、特に気になる場合は試してみるとよいかもしれません。
また、足の臭いを防ぐジェルやクリームを塗ることも効果的です。お風呂の後や、お出かけの前に、足に臭い防止のジェルやクリームを塗れば、一日中脚はさらさらで臭わなくなりますよ。

 

ちょっとした工夫で足の臭いは防げます。足が臭いひと、と思われることのないよう、普段から臭い予防を心がけましょう。

 

page top